MMO ヒメハジメ

『女臣』のMMOプレイ日記

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロ

2007-05-29
MoE 考察とか
姫です。クリック一発!

メニュー/ショートカットに登録しておくマクロ次第で操作感がずいぶん変わってきたりするものです。
てなわけで今回は私が使ってるマクロをいろいろとだらだら紹介しちゃいます。


★魔法を使う
ブックチャージ/開放マクロこのマクロは、一見持ち替えなしでリープをチャージ/開放するものです。
下準備としてアイテム欄の左上はスペルブック専用枠にしておきます。
/equipitem
に続く数字は、アイテム欄の通し番号になるので、スペルブックを最初の欄に入れておけば、それを装備して代わりに右手に装備していた武器がアイテム欄1に入ることになります。
魔法詠唱開始時に一瞬だけスペルブックに持ち替え、詠唱が始まるとスグにもとの武器に持ち換える、というわけです。
魔法は詠唱開始時に本を持っているかどうかでチャージかそのまま詠唱か分かれる性質を利用しています。
もちろん、他の魔法でも同じように使えます。
タイミングが重要なヘルパニ、上位の回復魔法。
かける前にディレイを消化しておき、解放後に即次の魔法の詠唱に入りたい場合のDoT魔法。
詠唱音で気づかれたら意味のないグレイブヤードミストなどに。

★盾を使う
盾 一般魔法を防ぐための技
盾 時間を作る技Himeは両手武器メインですが、一方防御面では盾型です。
なので防御時は盾に持ち換えるコマンドを併用しています。

最後に オープンバイヤー だの 鍛治 だのと妙な技が入っていますが、これは先行入力の関係上の対策です。
技のモーション中に、ディレイ消化済みの技をクリックしておけば、モーション終了直後にその技を実行するのですが、上のような状態ではこの先行入力が邪魔になって不要な技まで発動してしまうことになります。
複数の先行入力が合った場合、最後のひとつしか有効でない仕様を利用して、存在するけど使えない技を入れておくことで暴発を防いでいるというわけです。
/autobattle off
を入れているのは、頻繁に使う通常防御のときに 防ぐ→武器に持ち直すのを忘れて素手殴り という間抜けな事態を防ぐためです。

★反撃に移る前に
盾使用後、攻撃する前に現在使っているメインの武器を登録してあります。
[*ソード*] とか指定しておくと、種類や作者の微妙な違いを吸収してくれて楽です。


★誤食も防止
回復技サクリファイスディナーで回復する場合、
召喚→呼んだpetをタゲる→サクリ
という手順が必要ですが、サクリのコマンドに対象を組み込んでしまえば、いちいちターゲット変更をする必要もなく、また間違って他のペットを食べてしまうことも起きません。


★ペット全体に
パンツメン一斉攻撃命令これって多分、物まね使い特有なんじゃないかな?
召喚や調教ペットなら個別に命令出すだろうし。
寿命が短く、個々の能力が低い分身を有効に使うにはタイムロスを以下になくすか!にかかってくると思うのですよ。


★攻撃技の枠を節約するために
枠節約用 1枠節約用 2
普通のmobとタイマンしているときは、盾の合間にアタックと何かひとつ技を出すくらいで敵のアタックディレイが終わります。
その間に使う技はそんなに多くはないですが、とりあえずディレイ消化した技から出していけばいいやw って感じなら、いくつか同系統の技をひとつの枠にまとめておけばグー(b^ー゚)♪

★ダンス全般・セイクリッドサークル・ホーリーガードなどに
自分中心技の位置を知らせるため
自分中心に発動する技の場合、ついでにsayしておくとPTや共闘・ツアーなど集団で行動するときには地味に便利。
詠唱時のエフェクトだけで何の魔法かわかる熟練者でなくても、何をしようとしているか判別できて恩恵を受けやすいです。
単体でも
%tに○○詠唱中
のような発言を組み込むのも回復の二重がけを予防になっていいかもです。
残りMP:%mp なんてPT向けに発言するのもよくある手のようです。
また、この例ではダンスを使用しているので、効果途中でキャンセルしてしまわないよう、autobattleをoffしています。

★現在位置とか
現在地と自分の死体を探す
ゾーン名と座標、さらに死体がどの方向にあるか探索するマクロです。
使用すると↓のようなメッセージがシステムメッセージのウィンドウに表示されます。
こんな感じのシステムメッセージ

さらに、現在地を誰かに伝える時のマクロ。
チャットでの代入文字を組み込むと→のような感じ。

ただ、これが役に立ったためしはなかったりします(ぉ
応用編


★裏技的な活用
裏技的な使用
トルネードは色々と便利な技です。
でもキック技全般の例に漏れず、使用中に移動は出来ません。
が! 直後に移動発動可能な技を使うことで硬直のあるモーションをキャンセルしてしまえるのです。
それでもちゃんと無敵時間は発生するし、周囲へのダメージもあります。

★ネタ
ネタ的使用法
/emote
を使ってテクニックの動作をエモートのように使う例。
えくれーるのお家芸、フライパンネタもこうしてやってます。


……と、以上私が実際に使ってるマクロの実例をスクショも交えて紹介してみました。
基本的なことについては公式のコマンド代入文字のページや、wikiのマクロ/コマンドのページを見たほうがいいでしょう。

なお、マクロは /savemacro /loadmacro コマンドによって外部への書き出し/外部からの読み込みが出来ます。
ショートカットの大掛かりな編集は、一旦ファイルに書き出してマクロエディタを使ったりすると楽かもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: Master Of Epic
ジャンル: オンラインゲーム

tag : MoE メモ

コメントの投稿

非公開コメント

「たかれ」に受けましたw
た、確かにたかってる感じですよ・・・ね^^;

(`・ω・)っタカレ!

前この説明見たとき意味わかんなかったけど今見たらわかるー!
私も/petattackの名称を「たかれ」に変えとこーっと
「ヤッチマイナ」でもいいよね!

これ書いたときはまだがるぐいゆで多頭飼いしてなかったからアレだけど、調教使いでもやるよね。一斉かかれ^^;

Designed by yukihirotsutsumi (template: 1111_cookieland3c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 姫 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。